植物性エストロゲン

さまざまな植物性エストロゲン

大豆イソフラボンと主な健康食品の比較

一般的に大豆由来のイソフラボンは「植物性エストロゲン」といわれ、女性をサポートする成分で有名ですが、科学的に立証された検査をおこなうと、イソフラボンとヒトのエストロゲンの生理活性は大きく違うことがわかります。また、ほか女性向けにすすめられている成分も、思い描くイメージと科学的根拠に相違があるケースも少なくありません。

「エストナE2®」の植物性エストロゲンとは?

女性向けにすすめられている健康食品でよく目にする「植物性エストロゲン」。たとえば、イソフラボンとヒトのエストロゲンの生理活性を比べてみると、大きく異なることに気づきます。「女性ホルモン様の健康食品」=「エストロゲン」とはいえません。「エストナE2®」は伝統食品を原料にした製法特許取得の発酵生成物です。植物性ではあるものの生理活性を測定するDNAマイクロアレイ検査では、ヒトのエストロゲンによく似た生理活性を持つことを確認した唯一の植物性エストロゲンです。

さまざまな植物性エストロゲン
もととなるデータはこちら(一部成分のみ掲載)

さまざまな女性ホルモン様成分の生理活性を測定した結果「エストナE2®」は0.9以上の相関係数値がありますので、ヒトのエストロゲン(ヒトのエストロゲン=1.0)にもっとも近い測定値であること示します。これに対して、ヒトのエストロゲンと形状がよく似ている環境ホルモンと同じ相関係数値(0.6~0.7)を示す物質は、たとえ生理活性があってもエストロゲンとはいえず、本来の性質とは違う女性ホルモン様成分に属します。